ポーランドのKARTA POBYTU(滞在許可証)の申請方法と注意点(2016年版)

先日、ようやくKARTA POBYTU(滞在許可証)を受け取りました。
2015年10月31日に申し込んで、2016年4月18日に受け取ったので、約半年かかりました。

ポーランド滞在許可証の申請方法の情報があまりないので申請方法と注意点についての備忘録。

スポンサードリンク


ちなみに、ボクはポーランドの大学を卒業すると1年間仕事を探す為の滞在許可が貰えるので、それに申し込みました。

※滞在目的により、提出書類が違うので注意してください。


|STEP 1 移民局に予約の電話をする。

滞在許可証に必要な書類を提出するには、移民局に電話をして
書類提出の予約を取らなければいけません。

ワルシャワのオフィスの場合、TEL: 22-695-67-61に電話をして予約をする。
※オフィスが忙しく、繋がらないことが多いです。

2015年の9月上旬に電話をして、10月23日にアポイントを取りましたので少し余裕を持って、早めに電話して、予約を取ったほうがいいと思います。


|STEP 2 提出書類を準備する。

  1. 申請書3枚

  2. ここからダウンロードできます。

    もしくは、移民局で無料でもらえます。
    わからないところは、空白でも大丈夫です。提出するときに、職員さんが教えてくれます。全てポーランド語で記入しなければいけません。

  3. 写真4枚

  4. 4.5✕3.5の写真が必要です。
    写真の70%に顔が写ってないとダメです。

    写真屋さんで、写真を撮るときに
    何用ですか?って訊かれるのでKARTA POBYTU用ですと言うと、
    それ用に撮ってくれます。

    Arkadiaのカルフールの隣の写真屋さんだと、
    4枚で40PLNだったと思います。

  5. パスポートのコピー2部

  6. 写真のページだけじゃなくて、全ページです。
    うっかり忘れても、移民局にあるコピー屋さんでもできます。

  7. ポーランドで有効な保険の原本とコピー

  8. ポーランドで有効な健康保険に加入する必要があります。
    ボクは、PZUで入りました。 一年で460PLNほどでした。
    日本で入るより格安なのでオススメです。というか、日本の海外保険高すぎ。

    もし、日本の海外保険を提出する場合、ポーランド語に翻訳する必要がありますので、
    ワルシャワで保険に入った方が、簡単で安いです。一年で1万円ぐらいでした。

  9. 大学の卒業証明証の原本とコピー

  10. ディプロマの原本とコピーです。
    英語版ではなく、ポーランド語版を提出します。

  11. アパートの契約書の原本とコピー

  12. 滞在許可証を取るには、住む場所があることを証明する必要があります。
    アパートを借りる際には、必ずチェックしましょう。(ワルシャワでは、税金逃れのために
    オーナーが契約書無しでアパートを貸すことが結構あります。)

  13. 銀行の預金証明

  14. 一年滞在する場合は、一ヶ月542PLN✕12= 6504PLNが生活費として
    銀行にあることを証明しなければいけません。

    それプラス、われわれ日本人は非EU出身者なので、
    2500PLNを緊急時の飛行機代として銀行にあることを証明する必要があります。

    なので、一年の滞在許可証を申し込む場合、9000PLNほどが銀行口座にあることを
    証明しなければいけません。

    ※日本口座情報を提出する場合、ポーランド語に翻訳する必要があります。

    ※ボクの場合、上記の条件に加え、最近6ヶ月の間に毎月542PLN以上
    収入(振り込み)があることを証明しろと言われました。
    同時期に申し込んだ他の日本人は訊かれなかったので、これは人によるのかも
    しれません。

  15. 申請料340PLN

  16. 340PLNを申請料として払わなかればいけません。
    滞在許可が降りなくてもこのお金は返ってこないです。

    振り込み先

    IMG_1274

    ※振り込み先が変わっている場合等あるので、必ず確認してから振り込むことを
    オススメします。

|STEP 3 予約を取った日に書類を提出しに行く。

予約する電話する際に、日にち、時間、部屋番号を言われるので、
遅れないように行きましょう。

部屋のドアには、リストが貼りだされており、自分の名前を見つけて、
どの窓口か確認しましょう。

ちなみに、2015年10月にDługa 5にあったオフィスが移転したので
間違いないように気をつけてください。

新しいオフィスは、Markszlkoswka 3/5です。

無事に、書類を提出すると、パスポートにスタンプを押してもらえます。

これ、超重要です。

IMG_1275

このスタンプがあると、ビザなどが終わってしまっても、
滞在許可証の可否の結果が出るまでは、ポーランドにいることができます。
(一度出国して、入国することもできますが、スタンプがポーランド語なので、
他の国を経由しての入国は控えたほうがいいと思います。)

追加書類の提出を求められることもありますので、
申請した書類には、必ず現在の居住住所を書きましょう。
(移民局からの連絡は全て手紙です。)

結果は大体3ヶ月ぐらい後に送られて来ます。

ボクは、一回目は滞在許可がおりませんでしたが、
追加書類を提出したら滞在許可をもらえました。

わからないことがあったら、オフィスで訊くことをオススメします。
一つ注意したいのが、オフィスが激混みなので、時間に余裕を持って行きましょう。

インフォーメーションだと、朝一番に行かないと2、3時間待つことになります。
もっとヒドいのが追加書類を扱うCセクションは、朝から並ばないと
一日の申し込みが終わってしまいます。

というのも、機械からチケット番号を取って、並ぶので、一人で何枚も取る馬鹿がいるからです。
Cセクションの場合一日大体400番まで行くと番号の発行を辞めてしまいます。

滞在許可証を取るには、時間が掛かるので、時間に余裕持って取りに行きましょう。


Skyscanner

Karta Pobytuの更新はこちら。

ポーランドの滞在許可(Karta Pobytu)の更新方法(2016年12月更新)

スポンサードリンク