リオデジャネイロ準備編・心構え編

久しぶりの更新 (なんと、4ヶ月ぶり、今年2度目)。

タイトルにある通り、ブラジル・リオデジャネイロに行ってきた。
初めての南米、しかもブラジルってことで少し不安だったけど、無事に帰ってくることができた。

行く前に色々調べたので、メモにして共有しようと思う。

|ビザ

まず、ブラジルに行くにはビザが必要。
幸いなことに、日本人はEビザを申請することができるので、すぐにブラジルのビザを取得することができる。

調べたところ、どうもブラジル政府はEビザをアウトソースしてるみたいで、2つほどEビザを申請できるところが見つけたが、僕はここで申請した。

値段は手数料込みで$44で、水曜日に申請して金曜日にメールでEビザを受け取った。書類に不備があると、申請が受理されないので、余裕を持って申請することをおすすめする。

|治安について

リオデジャネイロといえば、治安が悪いことで有名だが、滞在した10日間で危険な目に合うことはなかった。ただ、現地で知り合った友人から日中にカバンを盗まれたり、ナイフで脅されたという話は聞いたので、治安が悪いことは確かだと思う。

できる準備としては、在リオデジャネイロ日本国総領事館が出している、安全の手引を読むことだ。この安全の手引を暗記できるぐらいまで、読んでほしい。とにかく、気をつけすぎるってことは絶対にないと思うので、細心の注意を払ってもらいたい。

自分がやった実際に現地でやった対策としては:

– 目立つ服装をしない。基本タンクトップ、短パン、ビーサン。時計などのアクセサリーは外す。
– もしもに備えてお金、クレジットカードは分散してもつ。
– 夜の移動は、基本的にUber。
– ひと気のない道を歩くときは、後ろを確認する。

リオデジャネイロは素晴らしい街というのは紛れもない真実だが、治安が悪いのも事実。せっかくの旅行なので、悪い思い出がないように細心の注意を払ってもらいたい。

|空港からの移動

Uberで問題ないと思う。
空港にはwifiがあって、空港の2階からUberを呼ぶことができる。

|Airbnb

現地での滞在にはAirbnbを使った。コパカバーナで、ビーチから30秒の距離で、しかもアパートまるまる借りて一泊3000円だった。アパートを選ぶときの基準としてビルに警備員がいるのを条件に選んだ。滞在してアパートの1階には警備員が24時間いて、ゲートを監視していたのでセキュリティーは万全だった。

リオデジャネイロ・夜遊び編に続く。

スポンサードリンク