フィレンツェで出会った個人的に世界で一番うまいイタリアレストラン

先週、一週間ほどイタリアに行ってきた。ローマに4日間、フィレンツェに4日間。

フィレンツェで今までに食べたことがないぐらい美味しいイタリア料理を友人に連れて行ってもらった。聞けば地元で有名な店で、店内にはVIPの写真が飾ってあった。(といっても、知っていたのはバレンティノ・ロッシだけだったけど)

自分はイタリア料理が好きだから、それなりに食べてきたつもりだけど、今までに食べたどの店よりも美味しかった。レベルが違うというか、ほんとにまったく別のカテゴリーの料理みたいに感じるぐらいの衝撃を受けた。ぜひ、フィレンツェに行く機会があったら、食べてほしい。値段はパスタ10ユーロほどだし、ワインもボトルで頼んでも10ユーロほどだ。この値段で、こんなにもクオリティーが高いものを出せるのが凄い。

場所は市場のすぐそばにある。

場所が場所なだけに、地元の人以外に観光客も来るので、ディナーは予約なしではテーブルがないと思うので行く前に予約をしてほしい。ちなみにボクは、金曜日の夜に行って、あまりの旨さにびっくりして土曜日のランチ、日曜日のディナーもここで食べた。そして、レシピブックなる本も買った。

ここで、また食べるために今年中にフィレンツェに行くつもりだ。

スポンサードリンク

Karta Pobytu (ポーランドの滞在許可書)を受け取りにいけないときの対処法

というのも、そもそも7月17日にdecezja (滞在許可の可否)を受け取る予定だったのですが、なぜか2週間遅れて8月になってから突然SMSで来週の16日移民局に滞在許可を取りに来てくださいという通告がきた。その前の週から日本に帰国予定だったから、すごいマズい。なぜなら滞在許可の受け取りは本人以外ではできない

急いで、会社の弁護士に連絡すると返事来るかわからないけどメール書いてみるわ。と返事がきた。滞在許可取り消しとかにならないかなとドキドキしながら日本に帰ると16日過ぎたぐらいに来週の水曜日の10時50分に移民局行って!とメールがきた。なんだ呆気ないなと思ったけど、これでひと安心。

今回もらったのが3年分だから、予定通り行けばこのカードの期限が切れる前にはLONG-TERM EU-RESIDENT PERMITが申請ができる。これは5年毎に更新だから、その後は永住権の申請ができる。(もっと言うと、ボクはポーランドの大学を卒業してるから規定通りだと卒業後1,5年の就労でLONG-TERM EU-RESIDENT PERMITができるはずだから、この予定よりももっと早く永住権の申請ができる)

スラムダングで仙道のプランという名シーンがあって、その試合で陵南の2mの怪物魚住がキャプテンにも関わらず(しかも全国大会がかかった試合で)、相手の挑発にのって5ファウルで試合中盤で退場してしまって、これは海南勝つなって誰もが思うんだけど、陵南にはスラダンの中で一番バスケセンスがある仙道っていう選手がいて、彼の活躍もあって海南に最後の最後まで互角の勝負をする。でも、なかなか勝ち越せない。全国がかかったラストプレー、陵南の選手のパスカットで仙道の足元にボールがこぼれる、仙道は一目散にゴールに向かう、それを追いかける海南のエース牧!しかし仙道が牧に追いつかれた!仙道は構わずダンクにいく、それを必死に手を伸ばして止めようとする牧。でも牧はなぜか途中でブロックを止める。

ブロックにいく瞬間、牧は思った。仙道ははわざと追いつかせてブロックにいかせることでファウルを誘ってるのではないか?と。仙道はファウルをされながらもダンクを決めてバスケットカウントで3点プレーで逆転するという自信があるといことを。これが仙道のプランだと。そしてそれに気づいた牧はブロックを途中で止める。

さぁ、プラン通りいくかな?

スポンサードリンク

ワルシャワ唯一!?のコインランドリー

去年、洗濯機が壊れるっていうポストを上げてたんですけど、洗濯機が壊れてる間家の近くのコインランドリーに通ってたんですが、そのことをすっかり忘れてたのでここで共有したいと思います。(今さらかよ)

ヨーロッパってアメリカみたいにコインランドリー文化がなくて、結構どこに旅行行っても洗濯する場所に困ってるんですが、ワルシャワもその例に漏れずコインランドリーが少ないです。(結構ホテルには洗濯サービスあるのですが、時間がかかるのが。。。)

たまたまうちの近くにコインランドリーがあってラッキーでしたが、なかったら2週間服なしだったかもしれません。下着とかTシャツは手洗いできても柔術着は絶対手洗いができないので、ホント近くにあってよかったです。

ワルシャワで唯一!?というコインランドリーはLaunderette: SUPRA Mokotówという名前で、場所はワルシャワの中央から少し南に行った、モコトフ地区(Mokotow)にあります。

ワルシャワの地下鉄のセントラル (中央駅)から2駅南に下った、ポールモコトフスキー (Pole Mokotowskie)から歩いてすぐのところにあります。コインランドリーなんで当たり前ですがセルフサービスですが、日本と違って受付のおばちゃんにお金を渡し、コインランドリー専用のコインをもらい洗濯します。乾燥機を使う場合も同じです。料金は重量制で、バックパックいっぱいに服を詰めて、洗濯機と乾燥機合わせて30PLNぐらいだったと思います。

ワルシャワで洗濯機壊れた人は是非行ってみてください。

スポンサードリンク

ポーランド大学留学はの学費は国立?私立?どっちが安い?

ここ何年かポーランドの中/外で何人かの志高いヤングからポーランドの大学の本科に留学したいんですけどと訊かれることがあるので、一応本科留学経験者としてちょっとでもそういう人たちの参考になればいいなと思い雑記を書いてみます。

スポンサードリンク


*ここで言う本科留学は、交換留学ではなく学士または修士を卒業するための留学です。

|学士留学、修士留学どちらにするのか?

ボクはポーランドの首都・ワルシャワにある私立大学のAkademia Leona Koźmińskiegoで学士の学位を取りました。ポーランドの大学のシステムは学士3年、修士2年で日本やアメリカとは大学のシステムが違います。(これはポーランドの大学だけではなくヨーロッパにある大学で、フィレンツェなんとかかんとかという大学の組織に加盟している大学はすべてこのシステムを採用しています)。日本では、大部分の人が4年間の学士過程を修了して就職をするのが一般的ですが、ポーランドではほぼ全員が学士の後に修士に進みます。これは、学士と修士なら修士過程を修了しているほうが就職のときに待遇面で有利というのと(具体的に言うと、学士と修士卒業者では有給の日数が違います。ただし学士卒業者でも2年以上就労すると、修士卒業者と同じ年間26日間の有給がもらえます)、ポーランドの大学が比較的柔軟なカリキュラムを提供しているからだと思います。例えば、多くの大学は働きながら大学に通えるように、金曜の夜または週末に授業を行うWeekend-Studyというプログラムを提供しています。

ポーランドへの留学を考えている方は、まず学士留学と修士留学どちらにするかを決めたほうがいいかと思います。日本の高校を卒業してすぐに、ポーランドの大学に留学したい!っていう人はあまりいないと思います。日本の大学に在学中にポーランドに交換留学をしたり、ワーホリでポーランドに来て、ポーランドに留学することを検討する方が一般的だと思います。日本の大学在学中の場合、日本で学士過程を終えてからポーランドに修士留学にするのか、また日本大学からポーランド大学に単位を移して転学という形で留学する方法など、色々なケースがありますが、個人的な留学経験者としての意見で言えば留学は早ければ早いほどいいと思います。特に将来ポーランドまたは海外で仕事したいという人には。多くの日本人は言語能力の問題(英語レベル、ポーランド語レベル)があるので、出来るだけ早く海外に出て、サバイブする為の言語能力を身に着けたほうがいいと思うからです。

|英語かポーランド語か、どちらで勉強するの?

ポーランドの多くの大学はポーランド語で授業が行うポーランドトラックのほかにも英語トラックも用意していますが、学部・専攻によっては英語で授業を行っていない場合があるので、予めポーランドにこれを勉強しに留学に行きたい!という人は行きたい大学のHPで授業がポーランド語か英語どちらで行われているか確認したほうがいいです。

|ポーランドの大学の学費

ポーランドの大学留学の学費は、学士過程の場合、英語で勉強するのなら国立も私立もほぼ変わりません。ポーランドの国立大学はポーランド国籍の場合は無料ですが、授業はもちろんポーランド語で行われるのと、人気がある学部だとテスト受けてなればいけないのが注意点です。(学費を払えばテストなしでも勉強できる大学もあります。)

ボクの場合は経済専攻で、英語で授業を行うワルシャワにある大学に行きたかったので、ワルシャワ経済大学(SGH)かコズミンスキー大学どちらかで勉強したいと思っていました。最新のポーランドの大学ランキングの経済専攻を見ると、SGHが1位で、コズミンスキー大学が2位です。

学費を比べてみると、国立大学のSGHが年間3900ユーロ(英語トラック)。

私立のコズミンスキー大学は年間4112ユーロ

ポーランドでは、国立大学も私立大学もほぼ同じ額の学費で勉強することができます。ただ、一般的にはポーランドでは(ポーランドに限らずヨーロッパでは)私立大学より国立大学のほうがレベルが高いので、同じ学費ならレベルの高い大学に行くほうがいいと個人的には思います。大事なのは自分にあった大学(学力面だけではなく、大学の方針とか、その大学がある街に知り合いいるとか小さい理由でもいいと思います)が自分にあったいい大学だと思います。ポーランドの大学は卒業するのは決して簡単ではない(しかも英語やポーランド語で授業をうけるので)ので自分が本当に勉強したい大学を選ばないと途中で辞めてしまうことも多々あります。(自分が大学にいたときは、結構な割合で留学生が留年や自主退学していました。)

自分にあった大学を選んで、留学を成功させてください!

スポンサードリンク

柔術青帯になりました!

ワルシャワで柔術を始めて2年4ヶ月、ついに青帯になりました!(パチパチパチ)

柔術知らない人だと、え、青帯?黒帯じゃないの?って感じだと思うのだけど、柔術は白、青、紫、茶、黒しか帯がないから青帯になるのはすごい難しいのです。例えば、柔道だと黒帯の後に2段、3段とあるので黒帯になるのは柔術より簡単だと思います。青帯がどれぐらいのレベルなのかってうのは桑原先生のブログに書いてあります。

ポーランド語が不自由な外国人のボクと練習してくれるジムの仲間、わからないところ英語で説明してくれる先生、家を空けてもも文句を言わない彼女、愛犬、青帯をもらう瞬間に頭にあったのは彼らへの「感謝」です。今まで大きな怪我をせず柔術ができたのも、ここまで辞めずに続けられたのもいろいろな人のお陰です。

これからも、青帯の名に恥じないよう不撓不屈の精神で柔術に精進していきたいと思います。

ちなみに同じ青帯の有名人は、元UFCヘビー級チャンピオン、ブロック・レスナー。

K1チャンピオンでUFCで活躍中のアリスター・オーフレイム。

Great day today! Got promoted to blue at @valentebrothers @pedrovalentevb @joaquimvalente #continueswork #humble #workinprogress #alwaysimproving

Alistair Overeemさん(@alistairovereem)がシェアした投稿 –

青帯の無差別にエントリーしたら、もしかしたらレスナーかアリスターと試合可能性があるってこと。
こわいよ。

スポンサードリンク

外国人が海外で仕事を見つける確率は英語力に比例する

うちの会社で台湾人の友達をリファレル採用しました。(されました?)

その友達は、マーケティングの経験なし、前職営業なので募集したポジションにまったく合わないのですけが、英語がうまかったのでなんとかなるってことで一緒に働くことになりました。

ワルシャワでボクが知る限り外国人で社内でポーランド語、または母国語使ってる方はいなくて、みんな英語を使って社内でコミュニケーション取っています。
当たり前だけど、英語が上手くしゃべれないってことはコミュニケーションが取るのが難しいってことだから働くハードルは上がります。

仕事に関する知識はOJTで教えることができますけど、英語を教えるっていうのは時間がかかります。

ワルシャワの外国人向けの求人を見ると割りかしジュニア/スペシャリストレベルの母国語を使う求人が多いので、その業務の経験がなくても、ネイティブという理由で採用するケースも結構あります。(今回がそのケース)

もちろん、シニアレベルの仕事は経験は必須ですが、外資または他の国にブランチがある会社は外国で募集してポーランドに連れ来る場合も多いですし、単純にディレクターはロンドンでチームはワルシャワみたいなケースもある。(大手だとMercerがそうです。さらにMercerがスゴいのは南米の業務を行うチームもワルシャワにあります。)

タイトル通りなのですが、英語はできたほうがよくて、プラス働きたい分野の知識があるとワルシャワに限らす海外で仕事を探すのが楽になるのかということ。

英語はすっかり世界共通言語なったと思います。
10年前、ボクが初めて海外で暮らし始めたときは、結構な割合で英語しゃべれない人とか、英語しゃべれないけど現地企業で海外営業してます!みたいな人いましたけど、そんな人はもう絶命危惧種です。

ぐろーばりぜーしょん。

スポンサードリンク

レギアワルシャワ鉄の掟

イースターでオルシュティンに帰った時に親戚の子から面白い話を聞いた。

ワルシャワにレギアワルシャワっていうサッカーチームがあって、そこのファンって結構武闘派な人が多くて、最近もワルシャワプラガ地区にあるバー破壊してニュースになったりしてます。
そんな武闘派なファンたちだから結構街で喧嘩して、警察にお世話になったりしてるんですが、レギアのファンには、女性を連れている男性とは喧嘩をしないっていう鉄の掟があるそうです。彼ら的には、女性の前で喧嘩するのはよくないことらしい。なんだそれ。

スポンサードリンク

ポーランドでしか成り立たないビジネス

今、ポーランドのIT/ゲーム業界で流行ってるサービスがありまして、栄養士が作った1日分のメニューの食事を作って自宅まで届けてくれるっていうサービスなんですけど。例えば、LightBoxって会社は1日の摂取カロリーとヴィーガン、グルテンフリーなどのオプションを選べて、しかも指定した時間に家まで配達してくれます。気になるお値段は、1日あたり60PLN(1800円)ほど。ランチ行くと20〜30PLNぐらい取られるので、1日5食で60PLNって激安。

1日5食?って思うかもしれませんが、最近ワルシャワで健康に気を使っている人は1日5食の人が多いです。まぁ、3食ですと1日に必要な栄養素を取りきれませんし、細かく食事を取ることで効率的に栄養吸収もできますし、空腹の時間をなるべく減らすことで血糖値の急上昇も避けられるので、5食にしない理由はないと思います。

で、この前ベルリンに行った際にこのサービスのことを現地のスタートアップの人と話したら、ドイツではこのサービスをコスト的に実現できないって言われまして。といのも、自宅まで配達するのにコストがかかりすぎる。調べてみると、ドイツの最低賃金は8ユーロ(1000円)ほどで、ポーランドの最低賃金が12PLN(確か、そのぐらいだったはず)なので、比べると2倍強ほど高いです。

それに加えて、いくらポーランドより物価が高いとはいえ、ドイツ人でも1日の食費に使えるお金は1日あたり15〜20ユーロぐらいではないかと。と考えると、指定した時間に自宅まで配達するというのは、コスト的に難しいのではないかと。オフィスに配達してくれるサービスはあるらしいんですが、どっちかというと個人ではなくて企業の福利厚生っぽいし、そもそも毎日自宅まで2食持って帰るのは面倒くさい。

で、このビジネスはポーランドでしか成り立たないビジネスだと思うのは、ポーランドより西に行くと、賃金(物価)が上がりすぎてサービスが実現できないし、東に行くと所得が低すぎて健康に使うお金の余裕がないので、このちょうどいい位置にあるポーランドでしか成り立たないビジネスじゃないかと。

まぁ、人件費が安いのはポーランドのメリットではあるのですが、なんでも人の安さで解決できてしまうとイノベーションは生まれないのかな。。。というか、そのビジネスモデルを他の国にもっていけないしね。

スポンサードリンク

世界の柔術道場から〜ベルリン編

先日、Casual Connectというモバイルゲームのイベントがベルリンで行われたので参加してきました。ミートアップイベントだけあって、昼はビジネスミーティング、夜はFacebookなりVungleのパーティーみたいな感じで忙しかったのですが、まぁ、ボクも柔術界の浜崎伝助を自負しているので、時間を見つけてベルリンにあるBJJ Akademieさんに出稽古に行ってきました。

ベルリンにはいくつかブラジリアン柔術のアカデミーがあるのですが、このBJJ Akademieさんが一番セントラルに近くて、アクセスしやすいです。場所は、地下鉄Innsbrucker Platzから歩いて5分ほどのところ。

ベルリンの地下鉄に乗る時に注意してもらいたいのは、券売機にクレジットカード差込口があってもクレジットカードが使えないことが多いので結局現金で買う必要があります。ボクみたいに普段ポーランドでベルリンに来ると、極力ユーロに両替はしたくないのですが、地下鉄に乗るためにはしょうがないです。あと、地下鉄にはWifiがあってスゴい便利です(小並感)。


アカデミーの入り口は、通りに面してはいなく、ビルの裏側にあります。この写真の奥に入り口があります。

今回、時間の関係で火曜日のビギナークラス参加しました。ドイツ人の茶帯の先生が教えてくれました。クラスは白帯中心に10人ほどが参加していました。驚いたのは、10人中4人が女性でした。 クラスは内容は、アップ、テクニック、スパーリング。強度としては、軽め〜中という感じでした。さすがベルリン!と思ったのは、テクニックを開始する際に、先生が「今日は日本人のビジターがいるから、クラス全部英語でやるわ」って言って、そこから全部英語でクラスを始めた点です。先生もそうなのですが、生徒もいきなりクラスが英語進行に変わっても、どうじない英語力。さすが、ヨーロッパイチの国際都市。

スパーリングは5分を1分インターバルで3本。印象としては、ポジションを取りに来るよりは一本を狙いにくる方が多かったです。本当は、ビギナークラスの後のスパーリングも参加したかったのですが、時間がなく断念。

いつでもビジター大歓迎だそうなので、ベルリンに行かれた際は是非立ち寄って練習してみてください。ヨーロッパに珍しく、ビジター料金は無料でした。

BJJ Akademie
住所:Hauptstr. 103, 10827 Berlin
連絡先:bjjakademie@gmail.com

海外でも日本でも同じだと思うのですが、出稽古に行く前に必ず一報を入れてから行って下さい。上記のメールアドレスに英語で連絡すれば、スケジュールと時間を送ってくれます。海外でも柔術を楽しみましょう!

スポンサードリンク

ポーランドの滞在許可(Karta Pobytu)の更新方法(2016年12月更新)

スポンサードリンク


前回申し込んだ滞在許可(Karta Pobytu)の期限がきれてしまい、更新に行ってきたので前回と違ったところをメモ。

滞在許可の更新ではなく、申請方法はこちら

更新の手順は、引き続き同じ会社(滞在許可を申請した時にスポンサーしてもらった会社)で働いてる場合は申請方法とほぼ同じです。

1つ注意しなければいけないのは、滞在許可を引き続き現在働いている会社からスポンサーしてもらう場合は、滞在許可がきれても働き続けることができるのですが、会社が変わった場合は新しい滞在許可が出るま就労することはできません。(正確に言うと新しい就労許可書が必要です。滞在許可の期間が残っている状態でも、転職すると新しい会社から新しい就労許可書を申請しないといけません。)

ボクの場合、前回取った滞在許可が9月まで残っていたのですが、更新手続きに行ったのが8月。通常3ヶ月ほど滞在許可の発行に時間がかかるので、滞在許可の発行予定は11月。

つまり、9月から11月の間はポーランドで就労・滞在する許可がなかったのですが、同じ会社に引き続き就労する場合は問題ないと会社の弁護士の方から確認を取りました。(ポーランドで大学卒業した人はWork permission(就労許可書)がそもそもいらないので、ボクの場合どっちみちいらないのですが)

滞在許可更新の提出書類は、通常の滞在許可申請の書類+税金の書類と健康保険の支払い証明を現在働いている会社から貰わなければいけません。

それ以外は、申請方法と同じ書類・プロセスです。

移民局に電話をかけて予約をし、書類を提出し、結果を待つだけです。

前回の申請の時と違ったのは、追加書類の通知、取得可否の連絡が郵送だったのが登録した電話番号にSMSに送信ようになっていました。ですので、ちゃんと使える電話番号を登録したほうがいいです。

最近noteでほぼ週刊ワルシャワマガジンというのを始めまして、その中のコーナにて【ポーランドなんでも相談サービス】三人集まれば文殊の知恵 (今はわけがあって1人です。)といのをやっているので、何か質問がある方はそちらに質問してくれればと思います。

ビザの更新、滞在許可の申請、更新等は申請する場所、タイミングによって違うのであくまで参考程度にお願いします。詳しい情報は移民局のオフィスにて確認することをオススメします。

スポンサードリンク